働く人妻の増加

現代社会では、多くの家庭が共働きとなっています。
その為、会社の中を見渡しても人妻が沢山いるのです。
もちろんあちこちで働いている店員さんなどもそうです。
つまり、働く女性が多くが人妻なのです。
といっても一昔前の“パートのおばさん”といったイメージからはかけ離れているのが最近の人妻たちです。
一見すると独身なのか人妻なのか見分けがつきません。
きれいな女性や可愛らしいと思える女性が人妻だったということはごく当たり前のことです。
そんなにきれいだったり可愛かったりする女性を男性がほっておくわけがないのですから。
また、そういった人妻たちの中には、自ら会社を立ち上げているということも少なくありません。
そんな人妻の中には、出会い系のサイトの運営を行っているということもあるでしょう。
実際に出会い系のサイトなどで会員として登録している女性の多くが人妻であるようです。
人妻であるからといった独身の頃と何が違うの?というのが近年の人妻の様です。
実際、昼間は、仕事をし、夜はごく普通に男性に交じってお酒を飲みながら大騒ぎしています。
共働きの場合には、結婚してもその生活はまったく夫と違ったものとなるのですから、ある意味では、自由なままなのです。
ですから、自分の好きな仕事をし、好きなお酒を飲みその生活は男性とあまり変わらないでしょう。
仕事が大好きで共働きを続けているという人妻は、特に仕事をバリバリこなしていくうちには、役職に就くこともあります。
部下を持つ人妻というのも珍しくないでしょう。
居酒屋などの部下の男性を引き連れて説教をしながら飲むという光景もあるでしょうし、そういった際には、勘定は、上司である人妻のおごりとなることもあります。
これが、自分で会社を経営している人妻ともなれば、社員の中に気に入った男性がいれば特別に可愛がるということも無いとはいえません。
人妻を狙っている男性などは出会い系サイトでもこういった人妻から注目を集める為にわざわざ人妻の手法にかかってしまった振りをしているということも考えられます。

貞淑な人妻のネット出会い

人妻たるもの貞淑でなくてはならないと考えられていたのは随分と昔のように思うかもしれませんが、その考え方はまだ根強く残っているようです。
なので人妻の中には浮気をすることは妻として恥ずべき行為だと考えている人もいるようです。
今は男女平等と叫ばれていますが、まだまだ人妻に対しての人権は低くなっていますので、夫よりも自由はないといえるでしょう。
なのでなかなか行動に移すことが出来ない人妻というのは周りから見れば貞淑のように見えるでしょう。
ですが男性視点からみると、なかなかきっかけを作りにくいため、アプローチをしてくることは難しいでしょう。
男性から見れば行動派ではない女性というのは貞淑のように思い、貞淑である女性というのは夫に依存していると思うようです。
ですがインターネットが普及をして、出会い系サイトが増えてきたことによってこの考え方もかなり変わってきたといえるでしょう。
普段は貞淑にしている人妻だとしても、インターネット上ではかなり積極的に動くということもあります。
出会い系サイトというのは知らない人たちと知り合うわけですので、大胆な気持ちになることもあるのでしょう。
なので貞淑のように見える人妻だとしても、出会い系サイトを利用すれば不倫相手を見つけることが出来るようになるかもしれません。
周りで貞淑だと思っていた人妻もインターネット上ではかなり開放的になっているのかもしれません。
人妻のほうもリアル世界で出せない自分を出会い系サイトでさらけ出しているというケースも少なくないのです。

今と昔の出会い系人妻の違い

ネット上にある出会い系サイトにおいて、今の人妻と昔の人妻では違った感じがするかと思います。
昔とひとことでいっても人によってとりかたが変わってくるかと思うので、ここでは昔をいくつかに分けて考えてみようと思います。
まず戦前というものを1つの区切りに考えると、戦前の人妻は貞淑という言葉が強制的にかぶらされていたものです。
したがって、自分のことを考えるよりもまず夫の為だったり、夫の家族や自分の子供のことを第一優先に考える必要がありました。
自分の幸せは多少犠牲にするような傾向があったようで、それが妻たるものという考えが大多数だったようです。
こうした貞淑という考え方は戦前だけでなく戦後においても引き継がれて行きましたが、最近になってようやく意識が変わってきたようです。
戦後から昭和時代を迎え、昭和が終わるころになると人妻の考え方も変わり、協議離婚で離婚する人が増えたり、慰謝料問題などについても詳しくなったりといったように変化していきました。
人妻もただ我慢をするだけの人生ではなく、人権を確立する時代が来たといえるでしょう。
こうしたことからも今までなら、だまって見過ごしていた夫の浮気に対しても、自分自身も仕返しとして浮気をしてやろうなどと考える人妻も増えてきたようです。
ただ、男性のように他の女性と知り合うきっかけがたくさんあるのならいいですが、家にいる人妻にとって浮気をしようとすれば昔からの知り合いか近所の人ぐらいしか知り合うきっかけがないわけです。
浮気をしようにも相手を探すのに非常に苦労していたわけです。
それが今ではネットの普及と出会い系サイトの登場によって、人妻たちの考えがころっとかわり、浮気相手を求めるために出会い系サイトに登録する人妻も増えてきたのです。

734文字

人妻の女性として見られたい本能

女性は母親であっても、いくつになっても女性として扱われたいという願望があるはずです。
しかし実際は子供を産んでしまうと、夫は母親としてしか見てくれず、家族として愛されていても1人の女性として愛される事はなくなります。
幸せな家庭があっても、女性として見られない、そんなジレンマに陥る女性も少なくありません。

夫が妻を女性として見てくれないのなら、女としての欲求は夫以外の男性に満たして欲しい。
人妻が不倫に走る理由の1つは女性として見られたい、女性として扱われたい、そんな女としての欲求なのかもしれませんね。
当然、人妻と付き合おうと思っている男性は人妻に対して、人のモノを奪いたいという欲求=セックスしたいという欲求なので
女として人妻を見ているので利害関係は一致していますよね。

女性はいつまでも綺麗でいたい、美しくありたい、女性として見られたいという本能を持っています。
それが家庭では夫が母親としてしか見ないのなら、家庭の外にその欲求が向かいます。
その欲求を満たしてくれる存在になれば、人妻に近づくのも簡単だと言えるでしょう。
そして、夫は母親としてしか見ていないからこそ、妻が外で不倫していても気づかないのかもしれませんね。
不倫している男性も、自分の妻は女性として見えないのに、人の妻は女性として見れるのはなぜなのでしょう?

何故甘え上手はモテる?

男性でも女性でも関係無くモテているのは、「甘え上手」な人達です。男性と言うとピンと来ないかもしれませんが、実はそうなんです。
甘え上手な男性は何故か人気があるようなのですが、男女問わずモテて居るのは何故なんでしょうか。
人の根底には「誰かに頼られるような存在でいたい」という考えがあります。ですが、頼られる存在と言うのはなかなか居ませんよね。
まわりにはそういう人は居るのかもしれませんが、かなり少数では無いでしょうか。そんな人に憧れて「任せて欲しい」と思う気持ちはありますよね。
そういう風に考えている人が頼られれば、すごく嬉しいのではないでしょうか。
頼られる、甘えられる事を望んでいるのは人妻や熟女に多いようです。もう人生経験も豊富な女性たちが年下の男性を見て思うのは、「甘えて欲しい」と言う事だそうです。
可愛い年下の男性を見て、「抱きしめて頭を撫でたい」「仕方のない子ね」と思っているそうです。
人妻や熟女と良い仲になりたいと思っている人は「甘えてみようかな」と考えてみてください。
「甘えられている」というのは、「その人に依存している」と言っても過言ではありませんし、
いつの間にか「誰かに甘えていられたい」と、逆に依存してしまうと言う風に切っても切れない関係になる事も簡単なのです。
かと言って、限度を考えておかなければなりませんが、上手に使えばかなりの武器になります。
人妻は常日頃から、まともに相手をしてくれない夫に不満を抱いている事が多いようですから、甘えることで尽くしてあげたいと考えてくれるようになります。
これも注意しなければいけない事があり、やりすぎると「馬鹿にして!」と怒ってしまう事もありますが、きちんと見極めておけば問題ありません。
「甘えることには自信がある!」と言う人は引き続きオススメしますし、慣れていない人は少しずつ感覚でつかんでいってもらえれば良いと思います。